読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kitarou GmbH

ドイツに関するあれやこれや


【スポンサードリンク】

Kitarou3分ドイツ語:なぜ〇〇しますか?

3分ドイツ語!

スポンサードリンク

Hey, wie geht's euch?

 

どもどもKitarouでございます。

 

普段生活してくると必ず出てくる疑問。

「なぜ昨日宿題をやらなかったんだーぁぁ?」

など「なぜ」という言葉が山ほどできます。

 

この疑問はドイツでもアメリカでもどこでも共通で、この対応ができないと生きていけないのではないのでしょうか?

 

今日はそんな事態を避ける為「なぜ」を表す「warum」をやっていきたいと思います。

ちょっと難しいかもしれませんが、今日はフレーズだけ覚えればいいかなと思います!

f:id:xyzkitazyx:20170226122601j:plain

 

なぜ〇〇するの?

1)  Warum gehst du in die schule ? (ヴァルーム ゲースト デュー イン ディ シューレ?)

 意味:なぜ君は学校に行くのですか?

 

解答例)

a) Weil ich lerne. (ヴァイル イッヒ レルネ) 

 意味:なぜなら勉強するから

b) Um zu lernen. (ウム ツー レルネン)

 意味:勉強する為です。

 

 

2) Warum arbeiten Sie? (ヴァルーム アルバイテン ジー?)

 意味:あなたはなぜ働くのですか?

 

解答例)

a) Weil ich verdienen  muss. (ヴァイル イッヒ フェアディーネン ムス)

 意味:なぜなら稼がないといけないから

b) Um zu verdienen.  (ウム ツー フェアディーネン)

 意味:稼ぐ為です。

 

単語と文法について

単語:

warum = なぜ

weil = なぜなら (英語でbecause)

lernen = 勉強する(ich lerne, du lernst, Sie lernenと使う)

Um zu + 動詞  = ~する為に

verdienen = 稼ぐ

muss = ~せねばならない。

 

文法:

1)warumについて

「なぜ」を表す、「warum」をやります。

基本的に他の疑問詞と同じ、順番で疑問詞、動詞、名刺の順番になります。

 

しかし、「なぜ」の返答として使う、「weil」は、

Weil→名刺→動詞という順番になります。

正確にいうと動詞が最後にきます。

 

これは用語でいうドイツ語の従属節中では動詞が最後にくるとだけ覚えておけばいいです。

 

2) um zu + 動詞について

これは英語を思い出して欲しい。

「〜のために」という「to + 不定詞」と英語で習った「to」が「um zu」に当たると覚えてもらったら宦官です。 

 

3) muss(原型müssen)について

これはいわゆる助動詞というやつで英語でいう「must」にあたります。

助動詞の説明は今後しますので、今日はフレーズだけなんとなく覚えてもらてれば嬉しいです!

 

今日のドイツ語

abgemacht! 意味:成立!、決まり!

例えば、約束事や商談などが成立した時に使うフレーズです。

フォーマルな表現かと思ったら、案外日常の会話でも使えるようです。

 

A「Also....Wir sehen uns an der Rezeption im Kino. Ist das OK?」

 

B「Abgemacht!」

 

こんな感じで使えるようなんで、ちょっとかっこよくドイツ語を使いたい方は是非活用ください!

 

最後に

今回は結構長くなってしまって恐縮です。

フレーズ重視であまり文法の説明はつらつらしたくないタイプなのですが、今回はどうしても「weil」との関係で長くなってしまいました。

 

近日これまでの文法総まとめしていこうと思うので、わからない部分が多い方は他のサイト見てみるや、参考書見てください。

 

僕のオススメは白水社のドイツ文法総まとめってやつです。

割と本気で勉強する方向けですが、なんといっても普通の参考書みたいに全然分厚くない。

なのに内容がしっかり整理されているドイツ語文法書の完成形ですね。

 

気になる方は下記リンク参考下さい。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村